投資信託 口コミランキング  >  証券会社 一覧  > オリックス証券

オリックス証券

オリックス証券がマネックス証券と統合することになりました

平成21年10月28日に、マネックス証券と合併に向けて、オリックス証券より発表がありました。

オリックス証券は2010年1月にマネックスグループの完全子会社になった後、
同年の5月をめどにマネックス証券と合併をするとのことです。

これによって、ネット証券大手の松井証券を抜き、業界2位に浮上。
現在首位のネット証券、SBI証券を猛追する構えとなっているようです。

サービス内容に関しては、現在のサービスを極力継続し、さらに拡充していく予定とのことです。

『オリックス証券の投資信託について』

オリックス証券の投資信託は、2009年にリニューアルされた投資信託情報のサイトで紹介されています。

取扱い銘柄が豊富で手数料無料のノーロードもあります。

豊富なラインナップの中からより強化された検索機能で選択することができます。

『オリックス証券の投資信託を選ぶ』

オリックス証券の投資信託を選ぶ際には、何を基準に選ぶと良いでしょう。

投資対象資産から選ぶ場合は株式、債券、不動産投信、資産複合などから選ぶことができます。

また、投資対象地域から選ぶこともできます。

オリックス証券のホームページでは、投資信託銘柄の一覧を見ることができ、条件を指定して銘柄を検索することができます。

指定できる条件は、ファンド名はもちろん、委託会社や投資対象地域、投資対象資産、分類頻度や分配金累計、ファンドの特徴やモーニングスターレーティング、手数料や諸経費についてなどです。

初めて投資信託を始めるという人にもわかりやすく、投資信託の説明もされていますし、動画での投資信託の紹介もされていて、とても親切です。

特に意外と知らないMRFやETF・REITについても、通常の投資信託とはどのように違うのかということやメリットやコストなどが紹介されていて好感がもてます。

口座開設や資料請求はインターネットから申し込みができます。
キャペーンを行っていることもあり、キャンペーン期間中は、お得なサービスがあります。

『オリックス証券の投資信託は豊富』

オリックス証券は、2009年の3月に23本の投資信託を追加して、2009年の4月から新たに17本の投資信託の取扱銘柄を追加しています。

オリックス証券での取扱銘柄は、130本と豊富でしかも申し込み手数料や諸経費が無料のノーロードのものは、その中で25本もあります。

ノーロード以外にも、そのほか、毎月分配型の投資信託などもあります。さらには注目の中国関連のファンドも取扱っています。

豊富なラインナップの中から、いろいろと選ぶことができるのが魅力ですね。

2009年の3月にオリックス証券の投資信託情報サイトがリニューアルしています。

このリニューアルでは、それぞれの投資信託の情報を充実させたり、検索機能などもより一層使いやすくなりました。投資に役立ついろいろな情報もたくさん掲載されています。

サイトが使いやすいというのは、忙しい投資家にとっては大変魅力でしょうね。

毎月の買付け金額ランキングなども紹介されているので、参考にすると良いでしょう。

もちろん、投資信託以外にも株価指数先物・オプション取引、債券中国株、外国為替保証金取引なども扱っています。オリックスグループの一員として信頼性もあるので、安心して取引できますね。

投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信