投資信託 口コミランキング  >  証券会社 一覧  > フィデリティ証券

フィデリティ証券

『フィデリティ証券の投資信託について』

フィデリティ証券とは、世界でも有数の資産運用会社が1997年に設立した証券会社で、フィデリティの名前を持つ投資信託も数多く出回っています。日本においては、証券会社として、投資信託を始め数多くの投資商品を取扱いをしています。

『フィデリティ証券の中心は投資信託』

フィデリティ証券の投資信託というと、フィデリティ投信という後ろ盾もありますから、普通の証券会社とは一味違うサービスが期待でるでしょう。投資信託を中心にという考えのフィデリティ証券の投資信託の取扱数は、約260本。そのうち、積み立て対象のものは250本以上にのぼります。この積立の方式は、「ステップ・BUY・ステップ」というフィデリティ証券独自のものです。まとまった資金がなくとも投資信託の買付を可能にした新しい形と言えます。毎月1万円からの積立で、積立額は1万円から1000円単位で設定自由です。1月と7月は、ボーナス月として積立額の増額もできます。余裕資金に応じて、積立てられるということです。銀行からの引き落としですから、定期預金の感覚で投資信託への投資が可能になります。申込はインターネットで簡単に行うことができます。途中で投資内容を変更したいというときも、インターネットを使うことで、投資信託の変更も簡単にできます。堅苦しく考えずに、預金感覚でできるのは嬉しいです。投資信託が身近に感じられます。

『フィデリティ証券で投資信託を選ぶとき』

投資信託を選ぶときには、欲しいというものが決まっている以外は、証券会社のサイトやパンフレットで選ぶことになります。フィデリティ証券では、地域、カテゴリ、申込手数料、レーティング、リスク、運用会社、決算期などから投資信託を選ぶことができます。何に重点を置くかということを、客側から設定できるというのは嬉しいことです。又、ランキングなどの表示もありますから、今が旬の投資信託を知ることもできます。リスクに関しては、投資信託に限らず、どの投資商品にもつきものです。標準価額の上げ下げは必ず起こることですが、投資信託は長期投資に向いています。ですから、昨日今日の標準価額の変化にびくついてはいけません。先述の積立方法での買い付けは、一部の投資信託を除き手数料がお得なっています。この手数料のコストと長期保有になればなるほど差が出るものです。コストとリスクは投資信託にとっては、マイナス要因ですが、そこは上手に付き合っていかなければなりません。投資信託の上手な買い付けで、上手に資産を増やす、フィデリティ証券の願いでもあります。

投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信