投資信託 口コミランキング  >  投資信託入門  > 投資信託にかかる手数料は?

投資信託にかかる手数料は?

金融商品につきものの手数料。投資信託にも当然手数料は存在します。一般的な手数料は申し込み時にかかる手数料と信託報酬といわれる手数料の二つです。この手数料は投資信託や、証券会社によって差が出ます。そのほかには信託財産留保額や解約手数料などがあります。

『申し込み手数料』
投資信託の手数料では、申し込み時にかかる手数料があります。最近“ノーロードファンド”という言葉がありますが、これは申し込み時に、手数料が一切かからない投資信託のことです。では、手数料がかからない分、ノーロードの方がお得か?と言うと、必ずしもそうとは言い切れないのが投資信託の世界です。もちろん、中身が全く同じであれば、ノーロードファンドがお得ですが、いくらかの手数料がかかったとしても、投資信託は中身で勝負ということですから、必ずしも、手数料のかからないノーロードファンドの投資信託の方がお得ということにはなりません。申し込み時には、投資信託ごとに手数料がかかり、金額によっても手数料は変わってきますので、注意が必要です。また、同じ投資信託でも、A社とB社では手数料が違うということはよくあることです。ですから、投資信託を選ぶときには、申し込みをする証券会社や金融機関も選ぶことが、お得な投資信託の買い方ということになります。各投資信託の手数料などの詳細は、投資信託説明書(交付目論見書)や販売用資料などで確認されると良いでしょう。

『信託報酬』
もうひとつの投資信託の手数料として、信託報酬があります。信託報酬は申し込み時にかかる手数料とは別にかかる手数料です。この信託報酬という手数料は、投資家が直接手数料として支払うことはなく、信託財産のなかから運用や管理の報酬として控除されていくものです。具体的な信託報酬の内容としては、委託者報酬と受託者報酬の二つに分けられます。投資信託のパンフレットなどを見ると、
この信託報酬については何%というような表記がありますが、これが毎日の手数料ということになると、投資信託を長期保有使用という方にとっては、実は大きな負担になります。投資信託のコストとしては、できれば信託報酬が少ない方が良いというのは、当たり前のことです。申し込み手数料の場合は1回きりの手数料ですが、年数がかさむにつれ、負担が大きくなる信託報酬については、投資信託を買おうとお考えの方には、是非検討して欲しい手数料ということになります。そのほかに信託財産の保管に関する監査を行う公認会計士に支払われる「監査運用」と、投資信託の運用機関中に株式や債券の売買時に発注する「売買委託手数料相当額」などの手数料もあります。

投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信