投資信託 口コミランキング  >  投資信託入門  > 投資信託のメリット・デメリット

投資信託のメリット・デメリット

投資信託とは、投資家課からの多額の拠出金をプロの手で運用し、儲けを出すことを目指す投資商品です。投資信託に色々な種類があるのは、その投資先が違うからで、また拠出する金額も変わってきます。気軽に始められる金融派生商品として人気があります。

『投資信託のメリット』
投資信託のメリットと言うと、ズバリ何もしなくても良いということでしょう。証券会社で、気に入った投資信託を見つけ、何口かの申し込みをすると、償還日のあるものはその日まで、無期限のものは、儲けが出ているかの確認だけで、面倒な運用などはすべて、証券会社がやってくれます。投資商品なのですが、自分でいちいちチャートを気にすることもなく、一度預けた拠出金はそのままで、果報は寝て待てというのがメリットです。投資信託の種類は、今はとても豊富にあります。国内の株式や債券ばかりではなく、世界の再建などに投資先を求めるものがあったり、先進国、新興国と地域別の投資先が限定されているものまで、豊富なラインナップから投資信託を選定することができます。たいていの投資信託の一口1万円前後というものが多いのは、投資商品としてメリットとなるところでしょう。投資信託を選ぶコツとしては、これからの予想は誰にも分からないことですが、暴落率の良いものや、既に大暴落してしまった国や企業などが投資先ではなく、これから騰がりそうと目をつけたところを投資先としているものが、案外いいものかもしれません。

『投資信託のデメリット』
実はデメリットは、投資信託に限らず、投資商品には数多くあります。まず、投資の必ず騰がりますというのは、絶対にいえないことです。先の見通しが全て分かってしまっているということは皆無なので、もしかしたら、投資信託も元本割れでマイナスになってしまうかもしれません。このことは株もFXも同じことで、デメリットの筆頭に来るのは、もしかしたら損をするかもしれないということです。このデメリットをまともに受けない方法は、分散して投資信託を持つことです。違う投資先の投資信託で、片方は損はしても、片方は儲かるといったように、プラスマスナスして、最終的には儲けが出るというのが理想です。
日本円の預金は、元本が保証されていますが、外貨預金などは元本の保証がない代わりに、金利が良いということになっています。投資信託のデメリットで次に上げられるのは、手数料がいろいろとかかるということです。拠出金を預託するわけですから、ある程度の手数料は仕方ないにしても、これがなかなかコストとしては大きいものになることもありますので、手数料も投資信託のデメリットと言えるでしょう。

投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信