投資信託 口コミランキング  >  投資信託入門  > 投資信託の基準価格とは?

投資信託の基準価格とは?

投資信託の基準価額とは、投資信託の価格のことです。「価格」ではなく「価額」です。投資信託は毎日この基準価額が違います。ですから、今日と明日の基準価額が大きく変わるということもあります。買い付けと解約のタイミングをはかるためにも毎日の基準価額のチェックは必要です。

『基準価額のチャート』
例えば、欲しいと思っている投資信託があるとします。そうするとまずチェックするのが基準価額です。
それも今日だけではなく、過去からの基準価額のチャートをチェックする必要があります。今までどんな基準価額の流れになっているかということから、これからの基準価額の推移を考えて、投資信託の買い付けのタイミングをはかりましょう。なぜ、基準価額は毎日変化をするかと言うと、投資信託は有価証券に投資をして利益を上げています。当然、有価証券は毎日上げ下げをしていますから、それに伴い基準価額も変化すると言うことです。ですから、何に投資をしている投資信託かということを考えると、基準価額の変化に対しても敏感になることができます。基準価額は、投資信託の委託会社が、毎日評価し、
一口あたりの純資産価値を公表しています。追加型株式投資信託については、原則として毎週火曜日から土曜日までの日本経済新聞などの証券面に、前日の基準価額が掲載されています。投資信託のサイトなどでも同様に基準価額が表示されていますので、ブックマークしておくことをお勧めします。

『基準価額の変動』
基準価額の数値に一喜一憂することはありません。ある程度の下げは、我慢の一言で回復をするということがいえます。先ごろは、新興国の投資信託を含めた金融商品が大暴騰をして、基準価額も当初の2倍にもなったというものまでありました。そこで、解約をした方はがっぽり儲かったことでしょう。解約には、償還時よりも余計な手数料がかかりますから、よっぽど儲けが大きくないと解約は勧められませんが、このときの新興国のパフォーマンスはすごかったです。解約手数料などは相殺されたと思います。
その時手を打たなかった人では、今度は下落の激しさで、元本割れを起こした投資信託もありました。
このように投資信託の基準価額は、1年のうちでもころころこと変化します。海外を投資先としている投資信託の場合は、世界情勢に大きく左右されますから、ほっとけといいつつも、基準価額の毎日のチェックだけは必要かもしれません。FXのように自分で判断を下すわけではありませんが、儲けの部分の見極めで、強制解約でがっちり儲けるというのは大事なことです。基準価額、甘く見てはいけません。

投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信