投資信託 口コミランキング  >  投資信託の種類・商品  > REITとは?

REITとは?

『REITとは?』

投資信託の中でもいろいろなものがありますが、REITは不動産対や投資に対する投資信託です。高い配当率・情報の透明性・小口化して投資できるなどのメリットがあります。また、リスクを回避するための分散投資に向いています。

『REITとは不動産投資のファンド』

REITとは投資信託の中でも不動産に対して投資されるもので、投資家から集められたお金は、オフィスビルなどの不動産の運営に使われ、部屋代として賃貸した時の収入や、売却した時の収入を投資家に還元します。アメリカでは、1960年にこの投資信託が誕生しました。REITとはReal Estate Investment Trustを省略したもので、リートと読みます。日本でもこれに習った仕組みが作られたわけですが、「日本版REIT」とか「J-REIT」と言われています。日本では、一般的にREITと言えば、アメリカではなくて日本版のREITを指すことが多いのです。REITには、会社が投資口と呼ばれるものを発行して投資家からお金を集める会社型と、信託銀行の信託勘定を利用した契約型があります。会社型の場合は、配当可能な利益の90%以上を投資家に配当すれば、会社としては法人税が実質上非課税になります。契約型投資信託の場合、投資家の資金はいったん販売会社に集められ、その資金を受託する銀行に入金することでファンドが始まります。この時点で、販売会社が委託し銀行が委託を受けるという形になります。販売会社がその資金の運用について指図する場合と、銀行にその運用をまかせる場合があります。

『REITの特徴』

REITは利益のうち比較的高い割合を投資家に配当します。一般に利益のうち90%以上を投資家に配当し、一人の投資家に利益の内4〜6%程度配当することを目的にして設計されています。取引所に上場されますから、REITについての様々な情報を知ることができて、その動向を知ることができるというメリットがあります。大口の投資をすることは勇気と経済力とが必要ですが、REITは数十万円の単位まで
小口化されているので、投資しやすいファンドと言えます。不動産と金融のプロが資金を管理してくれるので、専門知識がなくても資金の運用ができます。投資先を一つの企業などに絞って大量に投資すると、その企業がつぶれることで株式の価値が無くなってしまいます。そのリスクを回避するためには、REITを利用して分散投資をする方法があります。分散投資はメリット、デメリットの異なるところに分散する必要があります。例えば、不動産はインフレに強くデフレに弱い、株式はその上がり下がりでインフレ、デフレを誘導する性質を持っています。いくら分散しても、デフレになれば分散投資していたところすべてがだめになるようでは意味がないのです。REITは不動産と株式の両方の要素を含んでいるため、個人の投資家が分散投資をする時の助けになります。


投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信