投資信託 口コミランキング  >  投資信託の種類・商品  > ファンド オブ ファンズとは?

ファンド オブ ファンズとは?

『ファンド オブ ファンズとは?』

ファンド・オブ・ファンズとは、一つの投資信託の中に複数の投資信託が組み込まれていることを言います。要するに○○株の投資信託というよりは、地域限定の投資信託や、ある分野に特化した投資先を複数集めたものという感覚です。

『ファンド・オブ・ファンズは投資信託に投資をする?』

ファンド・オブ・ファンズの中に組み込まれる複数の投資信託の数や割合に関しては、ファンドマネージャーによる、その時の判断で常に流動的になっています。世界情勢や為替動向によっては、大きく変動する投資の世界において、利益追求の投資信託は、いくつかの投資信託が組み込まれている方が、絶対に有利ということになります。また、株式や債券に直接投資という形ではなく、投資信託への投資となります。投資に関しては、分散投資がリスクヘッジにもなりますから、ファンド・オブ・ファンズの投資信託の方法は賢明だともいえます。ファンド・オブ・ファンズの内容は、株式と債券を組み合わせたものが一般的です。実は株式と債券というのは、チャート上においても逆の動きを見せることが多くあります。
ですから、ファンド・オブ・ファンズのように複数が組み合わさっていると、リスクのコントロールができます。また、各国の株式や債券が含まれていますと、為替リスクの回避も可能です。運用会社もひとつではない場合がありますから、常に最良のパフォーマンスが期待できるということです。

『ファンド・オブ・ファンズのコスト』

ファンド・オブ・ファンズの、手数料などのコストを見てみますと、ファンド・オブ・ファンズは、信託報酬が、ファンド・オブ・ファンズそのものの分と、その中に含まれる投資信託の手数料と二重にかかることになり、購入時の手数料が割高になるというデメリットがあります。うまく利益を上げてくれれば、コスト分も気にならないのですが、投資信託というのは、原則的に元本保証はありませんから、大きく下落をしてしまったときには、損をするという可能性と、手数料などのコストも響いてしまうということがあります。
このように投資信託においては、パフォーマンスの良い商品を選択するのは、もちろんですが、手数料などのコストのことを勘案することが必要です。ものがいいけれど手数料がかかるか、ノーロード投資信託のように購入時の手数料はないなど、ほかの魅力を付けられた投資信託など色々あります。また、手数料に関して割安になるキャンペーンなどがある場合もありますから、投資信託を購入と考えた場合、ファンド・オブ・ファンズだけではなく、いろいろ見てみるというのもいいかもしれません。

投資信託 口コミ人気ランキング 〜安心の証券会社で投信をはじめる〜

口コミでも人気の証券会社を集めました。安心の投資信託をはじめてください^^

人気ランキング1位 口座開設・詳細はこちら→ 楽天証券

楽天証券

【特徴】 【ミニ積立】で気軽に投信!1000円から始められる投信サービスが人気

「初めての投資信託だったので、1000円から積立出来るのは始めやすかった!」
「ネット証券No.1の取り扱い本数は607本!内ノーロードは177本のラインアップ」
「投信積立の手数料の1%をポイントバックしてくれるのでお得ですよね^^」
「投資信託を始めたい人・すでに始めている人も要チェックの楽天証券!」

投資信託初心者も安心!ネット証券初の1000円からスタートできるミニ投信