転職支援サイト人気ランキング@あなたの転職選びを徹底サポート  >  初めての方へ  > 転職とは?

転職とは?

『転職とはとは?』

転職は、端的に言えば、職を変えることです。しかし、日本の場合、職種変更が含まれず、単に職場を変えただけでも、転職と見なされます。転職においる、重要なことの一つは、その転職が、どういう目的で、行われるのか、ということです。賃金が安いので、職場を変えたい、あるいは、上司との人間関係が
悪くなったので、転職したい等の理由があります。確かに、個人においては、立派な理由のうちであり、筆者も、多々経験があります(笑)。

しかし、実際の面接時においては、もし上記のようなことを第一の理由に挙げれば、悲観的な見方が強い、とのことで、不採用の確率が高くなります。と言って、ウソの目的を言えば、プロの面接官であれば、すぐに見破ります。たとえ消極的な理由から転職をするのであって、しっかりと前向きになる目的とその理由を見つけ出し、また考え出し、そうして自分の言葉で説明できるようにしておくことでしょう。
また、転職の流れにおいては、外資系企業では、ある程度の地位に達した人でれば、自分で探さなくても、他企業から声を掛けられる場合があります。いわゆる、ヘッドハンティングになります。

しかし通常、知人や親類縁者の紹介でもなければ、転職エージェントに依頼したり、もしくは新聞の求人欄等から見つけ出し、任意の求人に応募することでしょう。現在は、情報通信時代であるためインターネットによる転職活動が最も利便性が高いと言えます。

任意の転職サイトから申し込みを行い、まずは転職エージェントとの面談になります。その後、いくつか案件の紹介を貰い気に入った会社へ転職エージェントを通じて、書類審査の依頼をします。審査が通れば、先方との面接になり概ね二次面接まで行い、そこで合格すれば採用が決定し、内定通知を受け取ることになります。この期間が大体1〜3カ月が一般的です。

ただし、外資系企業においては本国との関係から半年近く経って内定が出るという場合もあります。
日系外資に関係なく、勤務条件や職務内容とともに、採用までのプロセスも十分確認することが、重要です。なお、転職においてもメリットおよびデメリットがあります。メリットの第一のものは、概ね収入が上がるということでしょう。年間数十万程の増加は当り前のようですし、外資系においては数百万の増加等もあり得ます。一方デメリットは、職場を変えることで社会的な評価が落ちるということです。日本においては、年齢とともに転職回数の多さをマイナスと捉える習慣が、いまだに根強くなっています。3、4回の転職回数でも多いとされ、もしその回数で40近い人が転職をしようと思えば、余程の業務経験やスキルを必要とすることが一般的です。また、メリットとデメリットの表裏一体の関係としては、業種や職種を変えた場合、やりがいが生まれるとともに、その仕事に慣れるまでの不安定な心根もあります。もし思っていたのと違う、ということであれば、再度転職を試みてしまう危うさもあります。要するに、転職において、重要なことは、自分との対話になるでしょう。一体、職を変えて、何をして生きて行きたいのか、この一点に尽きると言っても、過言ではありません。

ただし、それを決断したからには、自分に責任があるとの認識も大切になります。

目次

初めての方へ
業者一覧
看護師の求人・転職
医師の求人・転職
薬剤師の求人・転職