延長料金0円?

延滞料金0円って?

普通にお店で借りると、返却期限よりも遅れて返すと延滞料が発生するわけですが、
宅配DVDの場合は延滞料金のかからない会社が多くなっています。それでも利益を出す
ことのできるところが強みです。

延滞料金も収入源
これまでは、レンタルビデオショップでビデオやDVDを借りることが当たり前でした。
「レンタルDVD」をビジネスとして行うためには、人が集まりやすい場所に店舗を構えたり、
社会人の方が仕事の帰りに立ち寄ることができるように夜遅くまで営業をする必要もあります。

立地条件の良い場所は賃料も高く、夜遅くまで営業するために人件費、光熱費などがかさみます。
それを取り戻すほどの利益をあげなければ収支のバランスが保たれなくなります。

実は、店舗を持つレンタルビデオショップでは、延滞料金も大きな収益源となっているのです。
利用者は、DVDを借りるときにはレンタル料金を厳しくチェックする部分もあるのですが、
返しに行くとなるとつい忘れたりすることも多く、非常に高額な延滞料を支払うことも
やむを得ないと納得してしまう傾向にあります。

実際に、延滞料の金額までをレンタルする前に比較するということはあまりありませんからね!!

料金設定を見ると、旧作のDVDであれば借りる方も少なく、商品の回転が悪いのですが、
新作であっても旧作であっても延滞料金は同じです。旧作のDVDの延滞によって、
延滞料で利益をあげることができれば、お店にとっては非常にありがたい収益源となるのです。

また、新作のDVDや人気のあるDVDが延滞によって貸し出しになっていれば、来店した方は
自分の目的のDVDが見つからないために、旧作のDVDを借りてくれるかもしれません。
そう考えると延滞料金は、収益をあげる上でのポイントにもなります。

インターネットを利用して予約する宅配DVDは、確かにDVDを発送するための送料が
発生しますが、店舗を構えるときのように建物にお金をかけたり、夜遅くまでお店を開く
ことによる人件費や光熱費も必要ありません。

大きな収益源となるのは、利用者が毎月一定の利用料金でDVDを借りるという仕組みに
あります。利用者からするとレンタル料を気にせずにDVDを借りることができるということになり
レンタル業者にとっては毎月決まった金額の収入があるため、大変ありがたい仕組みであるのです。

『TSUTAYA DISCAS』を例としてみると、最も人気のあるプランは、月額1,974円で8枚まで
借りることのできるものです。このプランを利用する場合は送料の関係もあり、2本セットで
注文しなければDVDを送ってもらうことができません。そうすると、新作をまとめて観ようとしても
在庫のない場合が多く、旧作を抱き合わせで注文するようになります。そのことで、旧作の
DVDが活かされるのです。

そして、月に8枚のDVDを観るためには、早く返却しなければ次のDVDを借りることができません。
すると利用者も、延滞料金が0円とはいっても早くDVDを返すサイクルとなります。延滞料金が
0円であっても在庫のDVDの回転率を高める仕組みができているのです。

月額プランでない場合に延滞されると困ることになるのですが、レンタルする枚数ごとに
お金を支払う料金プランを見れば、延滞料がかかるようになっています。
「延滞料0円」という言葉に単純に食いつくのではなく、その詳しい中味を知って宅配DVDを
利用することが大切になってきますよ☆
 

目次

初めての方はこちら
業者一覧
宅配DVD
宅配DVD 豆知識