ネット証券・トップページ  >  証券用語集  > 単元未満株とは?

単元未満株とは?

単元未満株とは?

企業が決めた、株式の最低取引枚数(=1単元)に満たない株数の事を言います。

単元未満株の取引は2種類に分かれていて、
1単元の1/10 と、1株から購入する事が出来るんです。

この1単元の1/10 の株数を取引できる事を、”ミニ株”と呼んでいます。

ちょっと余談ですが、この呼び名は証券会社によって異なり、まめ株や、プチ株とも
呼ばれていますが、内容はすべて同じなので、あまり気にする事はないでしょう!

単元未満株の利点は、1単元ではまとまった金額が必要となりますが、単元未満株は
ばら売りする事で比較的すくない予算でも取引をする事が出来ると言う点です。


ネット証券総合オススメランキング

「ネット証券と言っても、なにを基準に選んだらいいのかわからない…」
「とりあえずいろいろな証券会社の中から比較して決めたい!」

そんなあなたにはこちら。

ネット証券総合オススメランキングをご用意しました。

当サイトオススメの証券会社は、口コミや特徴など厳選した人気証券会社です。

いきなり口座の開設はちょっと…という方にも、
無料の資料請求が出来ますので、気になる証券会社がありましたら
是非資料請求をしてみてくださいね。

人気ランキング1位 資料請求・詳細はこちら→ SBI証券

|手数料:アクティブプラン→10万円まで/96円(税抜)  スタンダードプラン→10万円まで/139円(税抜)|株式投資|投資信託|債券|外国為替保証金取引|先物・オプション取引|口座開設料・管理料・資料請求 無料|

SBI証券

【特徴】 大人気!オリコンランキング1位も納得のSBI証券はオススメです!

「手数料は、他と比べてもSBI証券のアクティブプランが1番おトクです。」
「がっつり取引するならSBI証券がお得ですよ。コストは大切ですからね。」
抜群のサポート力で未経験者・投資初心者でも安心!頼りになります^^」
「手数料が安く、情報量も豊富!トータルで使いやすいのでお勧めです。」


アクティブプランなら10万円まで取引手数料96円(税抜)!無料口座開設 >>