生命保険 比較ランキング  >  生命保険  > 掛け捨て生命保険

掛け捨て生命保険

掛け捨て生命保険とは?

生命保険の中の一つに掛け捨て生命保険があります。
では、掛け捨て生命保険の活用するにはどうしたらいいのでしょうか?

よく掛け捨ての生命保険は損だといわれます。しかしこれは本当でしょうか?

掛け捨て型の生命保険は損だという方が結構おられます。確かに、生命保険をかけていたとしても、なにも生命保険のお世話にならなければ、支払った保険料はまったくの無意味になってしまうということがその背景にあるのでしょう。

しかし実は、掛け捨て型の保険の方がお得だという意見が専門家の間でしばしば指摘されることがあります。確かに、保険料を支払い続けていて、一定期間に達したらお金が返ってくるというのはお得なようなイメージがあります。

ところが、その返ってきたお金というのはそもそも自分が保険料として支払ったお金です。しかも自分が支払ったお金よりも大きな額が返ってくることはありません。そんなことをすれば保険会社の経営が立ちいかなくなりますからね。

掛け捨て保険の利点は、掛け捨て保険にすることによって、保険料を安くすることができます。
家計にやさしい生命保険といえるのです。

しかし、積み立てで、一定期間生命保険の世話を受けなくて返還されるお金は、今まで支払ってきた保険料と比べると何分の一かです。

ということは、掛け捨てで支払う保険料の総額と、積み立てで支払う保険料の総額から返還されるお金を差し引いた額とも比較する必要があります。

このとき、掛け捨ての保険料の総額の方が少なくて済むことが結構多いことが分かっています。ですから、掛け捨て式の生命保険も捨てたもんじゃないという声が出てくるわけです。

掛け捨てと積立の生命保険の違いは、自分で資産を運用するかどうかという違いになってきます。

掛け捨て型の保険の場合、保障がメインとなっています。一方、積立型の生命保険には保障と資産運用という性格、両方の側面があります。

積立型の場合、保険料のうちいくらかが貯蓄に回され、そこから満了時にお金が支給されるというシステムになっています。ですから、生活費以外の貯蓄をきちんとできるという人は、別に掛け捨て型の生命保険であっても問題はありません。

もし自分で資産の運用を行うのに自信がないという人は積立型の方がいいでしょう。一定期間が終了したら、預けたお金のうちいくらかが返ってくるからです。そのお金をいろいろな資金に充てることも可能になります。

ただし積立型の場合、注意したいポイントとして、手数料があります。積立型生命保険の場合、保険会社がいくらかの手数料を取っています。

この手数料がもし銀行に比べて大きいようでしたら、むしろそのお金を貯蓄に回すべきです。そうすることによって、無駄なコストをカットすることができますからね!

生命保険 安心の無料相談 口コミ人気ランキング

口コミでも安心して相談できると人気の生命保険無料相談所を集めました。
保険のプロ、フィナンシャルプランナー(FP)があなたに合った保険選びをサポートします!

人気ランキング1位 無料相談・詳細はこちら→ 保険deあんしん館

【特徴】
1社で保険を選ぶのではなく、複数社の強みを利用した商品の組み合わせ
保障を充実させ月々の保険料を安くさせる…それが保険deあんしん館です!

「しつこい勧誘はなく、自分が納得できるまで相談する事ができました。」
「いくつかの商品を比べて選びたい。という希望を叶えてくれたので良かった。」
「保険の相談相手なんていなかったのですが、ここに相談して良かったです^^」


保険料をお得に安くしたいあなたは保険deあんしん館!無料来店相談はこちら!