医療保険 比較ランキング  >  医療保険の基礎知識  > 医療費の現状

医療費の現状

医療費の現状とは?

皆さんご存じのとおり、現時点で我が国日本は世界で一番の長寿国です。
それにプラスして、少子化が問題とされ、少子高齢化社会が発展しています。
この少子高齢化は、国民医療費に非常に深刻な問題を招いています。

現状どおりに少子高齢化が進めば、2025年の時点では、日本における人口に対して
2割に過ぎない高齢者が、国民医療費の半分以上を使わなくてはいけない
といわれています。我々被保険者の所得に対して、支払わなくてはならない
医療費は年々うわまわっています。

これに関係し、高齢者の医療費が現在日本全体として大変問題となっております。

今後特に若い世代の方の場合は、現状の把握をしっかりして、将来のことを考えたうえで
ご自分の老後が守れるよう、任意の医療保険に加入しておくのも重要かと思います。

とはいえ私も含めて、多くの皆様が医療費についてあまり現状の把握ができて
いないかと思います。実際に年齢に応じて、どのくらいの医療費がかかっているのでしょう?

平成14年度の情報のため、少し情報は古くなりますが、厚生労働省の
統計情報の表を確認してみたので、ご参考までに年齢別でどのくらいの
医療費がかかっているのかをご説明させていただきます。

まず、0-14才に関しては、年間平均が11万8,700円。

15-44才に関しては、年間平均が10万1,300円。

45-64才に関しては、年間平均が24万3,100円。

65-69才に関しては、年間平均が45万3,900円。

70才以上の方に関しては、年間平均が73万2,500円。
保険適用前の金額かと思いますが、それでも驚くほどの金額ですよね。

さらに、上記で厚生労働省の統計情報の分析をしてみましたが、
先に述べたように、平成14年度の情報のため、そこから7年経った現在では
さらに多くの医療費が必要となっていることが分かりますね。

さらに、2002年度には「健康保険法」の改正によって、医療費の自己負担が
3割となっているので、現状の自己負担額については、想像以上に家計に
負担がかかっていることが分かります。

この先についても、自己負担額の見直しがないとは言い切れませんので
さらに、老後のことを考えると恐ろしくなります。

私も、実際に厚生労働省の統計情報を見たのは今回が初めてですが
過去データとはいえ、今後の自分の健康状態や、自己負担額増加の可能性を考えると
今の時点でしっかりと医療保険について考えなくてはと思います。

医療保険 無料相談 〜安心の医療保険選び〜

医療保険を選ぶのって難しいですよね。
本当に自分に必要なのか、もっとお手頃な保険は無いか、本当にこの保険でいいのか・・・。

そんな時は、保険のプロに無料で相談! 口コミでも人気の保険の相談が無料で出来る保健相談所を集めました。
あなたに最適な保険と、最適な相談相手が見つかりますように^^

人気ランキング1位 無料相談・詳細はこちら→ 保険deあんしん館

【特徴】
1社で保険を選ぶのではなく、複数社の強みを利用した商品の組み合わせ
保障を充実させ月々の保険料を安くさせる…それが保険deあんしん館です!

「しつこい勧誘はなく、自分が納得できるまで相談する事ができました。」
「いくつかの商品を比べて選びたい。という希望を叶えてくれたので良かった。」
「保険の相談相手なんていなかったのですが、ここに相談して良かったです^^」


保険料をお得に安くしたいあなたは保険deあんしん館!無料来店相談はこちら!

人気ランキング2位 無料相談・詳細はこちら→ ほけんの相談窓口

【特徴】
プロに聞いて選べるから安心!今選ばれている保険の相談窓口で、
あなたに最適な保険選択ができます!初めての方でも安心なほけんの相談窓口!

「親身になって相談に応じてもらえたので、満足できる保険が選べました^^」
「しつこい営業や勧誘もなく本当に自分に合った保険を見つけることができたよ」
「相談サービスは全て無料なので安心。複数の会社やプランから選べるのが◎」


毎月の保険料を安くしたいあなた必見!医療保険の相談も専門スタッフにお任せ!

人気ランキング3位 無料相談・詳細はこちら→ 楽天の保険

【特徴】
楽天の保険では、あなたの近くで保険アドバイザーを簡単検索できます。
保険の見直し・必要な保険額の計算・自分に合う保険の提案を無料で相談^^

「訪問アドバイスをしてくれるので、助かりました^^」
「自分の家から近くの保険アドバイザーを自分で選べるので良かったです。」
「メールや電話相談も行っているので、相談しやすかったです。」


保険でお悩みのあなた必見!あなたの近くで保険アドバイザーを探せる楽天の保険